So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

25年前... [MEMORY]

40代後半、3Fの屋根裏部屋をオーディオルームとする新居を建てる事が出来た。建築基準法のため2面が50cm程の壁で挟んだ1角から急傾斜の天井を持つ約18畳の正方形の部屋だった。対角の天井高はおよそ3M程有り部屋全体がフロントロードホーン状態となる、必然的に低い方のコーナーに納まるSPが合理的だ… ので、低いコーナーに納まる様な箱を作る、
3f.jpg名称未設定.jpg
FW-405を250L程の特大ダブルバスレフに納め外側に向け、その内側に正面を向く様に三角柱の2WAY、ユニットは大分試行錯誤を繰り返し、最終的にFW168/FT27Dを組込む事になった。これが以外と良く鳴ってくれた。当時は未だ定在波等の定義なぞ知らず、指揮者の息づかい迄聴けるのはその三角の箱が定在波を削減し、クリアな再生に寄与していたのか… と、その後のオーディオ誌の記事で納得する事になる… 更に試聴席左右にFE106Σを上向きに付けた箱を配置、SPマトリックスの設定がオーケストラの再生には有効だった… 
mx-2000.jpgIMGP1171.JPGIMGP1167.JPGIMG_1140.JPGIMGP1164.JPG
機器はサブウーハーとマトリックスSPに、MX-2000、メインの2WAYにはエレキットTU-873を組立、球をWE300Bに替え、C-2Xに繋げる… この構成は伊豆に移住迄の12年間続いた…

オークション終了です

初めてのオークション無事終了です!
希望価格には届かなかったが、15年以上前の購入価格と同等です... ”可もなく、不可もなく” と言った所か...
名称未設定 2.jpg

どうなるんでしょう...

IMG_0813.JPGIMG_0926.JPG
ヤフーオークションのページを見ていたら、WE300B真空管が結構な価格で取引されていた。小生も同じモノを所持していて、もう使う事もないので、これは見逃せないと初めてのオークション参加です... 参加手続きが結構面倒だったが、なんとか出品です!

デジタルの風 [MEMORY]

1980年代、一戸建てに住める事となる…  
ギャング達にも縄張りを与える事が出来、12畳程のリスニング?ルームも持てる事となり、オーディオの封印も解かれた…
当時オーディオ界にはCDが登場し、デジタルの風が吹き始める… スピーカーとプレーヤーは変らずだが、オーディオセットにはCDプレイヤーが加わり、アンプはプリ、パワー、にグレードアップされる、映像界ではBS衛星放送が始まり、TVでも音の良い音楽番組が試聴出来るようになる。その部屋にはAV機器も加わり音楽享受時代が到来。そこにビデオカメラ&大画面TVが加わり何時の間にかAVルームに変貌していた。
cdp-950.jpgb-4.jpgc-4.jpgs900.jpg
SONY EV-S900 Digital 8 Deck

DATと同等の音質で最高12時間(120分テープ)の録音が出来るとの事で、ワグナー等のオペラモノやLP等の保存用に使用していたが、今は段ボール一個分程のカセットを置いて行方不明?  この時代Digital技術発展の陰で消された規格や機器は多数あるが、メディアの場合は残された子供(記録)も生きていけない。

BEETOHVEN SYMPHONY No'4 [DISC]

エアチェック時代の思い出と言えば、NHK.FMで生放送されたベーム/ウイーンフィル来日コンサートでのベートーベン、放送開始時間に間に合う様に急いで帰宅での収録だった… 特に第四交響曲は名演だったが、カセットにはあの出だしの空気感迄は納まらず、ガッカリ! その時のテープは何処かに在る筈だが、デッキが無ければ話しにならない…

KARL BOME .jpg
その後、ポリドールからライブ録音がCD化されたが、あの第一楽章導入部の息詰まる様な空気感は… 消えていた。  http://youtu.be/rkxy1nx2u-I

アンタッチャブル !? [MEMORY]

70年代、実家の2階に20畳程のワンルームをを増築しリビング兼オーディオルームとした、SPは100L程の市販箱にテクニクスの38cmウーハーEAS-38L100+.EAS-18KH01.ツイーターの2WAY. アンプはビクターのプリメインJA-S9とチューナーJT-V9. プレーヤーもビクターでJL-B44+SHURE.V-15Ⅲ. と云った顔ぶれだった。
JA-S9.JPGJT-V9.JPG
JL-B44.JPGeas-18kh01.jpgeas-38l100.jpgCT-4040.JPG
のだが… 1年程でオーディオ活動はキビシイ事態に追い込まれる…  その時迄ベビーがギャングに変身するとは思いも及ばなかった。 そのギャングは怖いもの知らず、しかも好奇心旺盛… 目の前に回転する物体と曲がった棒とくれば見逃す筈は無い… 抜く手も見せぬ早技だった… レコードにはキズ!カートリッジの針はポッキリ……!! これはマズイとプレイヤーの蓋、スピーカーのネットはテープで封印され、その後、二人目、三人目のギャングが出現すると、もうオーディオや音楽何処では無いのだった… 
カセットデッキが普及し始めたのが丁度その頃... そこで、パイオニアCT-4040の卓上型デッキを調達… その後の10余年はFMエアチェックとヘッドホンでお茶を濁す事となる… だが、カセットも油断は禁物… 引き出されたテープがトグロを巻いている事もシバシバだった。

前科一犯....? [MEMORY]

結婚を期に親と別棟の家に住む事となり、八畳のリビングにシステムを組込む事が出来た…お祝いとして、友人知人にアンプ、プレーヤー、SPボックス等を供出させ、リスニングルームを構築した…
その後、機器は何度か入れ替わり、システムに巨大な平面バッフルSPが登場する事となる。
21mm、サブロクの合板4枚を繋ぎ、壁から30cm位離し、鎖で天井から吊るされた、それに白い布を張り、当時流行のサイケ調のヌード画で仕上げた… 見かけは壁一面を覆う壁画だ。(イメージ)
open baffle 2.jpeg
使用ユニットの型番は忘れたが、秋葉原で調達のコーラルの20cmフルレンジと無名ツイーターの2WAYだったと記憶する… アンプは山水のレシーバーTAC-505. プレーヤーはCECのターンテーブルを自作箱に収めたものだった…と思う。
TAC-505.JPG
これが評判で(聴きに来たのか、見に来たのか?)、度々友人知人が視聴に訪れていた… のだが…
それから2年後、このシステムはそれ迄に集った100枚程のレコードや全ての家財と共に焼失してしまったのだった… ”失火罪”と云う罪を伴って… 40数年前、正月明けの寒い日のサムイ話です… 

1960年代のJAZZ [DISC]

CAT.JPG

THE CAT / JIMMY SMITH organ. ARRANGED&CONDUCTED BY LALO SCHIFRIN.
http://youtu.be/u9sHwjx99-Y
オルガンをジャズに使った曲も珍しかったが、映画アラン.ドロン主演の『危険がいっぱい』のテーマ曲とあって、当時のジャズ喫茶では頻繁にリクエストされていた、どちらかと云えば、ジャケットのタイトルのTHE CATの方が有名だった....
50’s〜60'sの映画のサントラにはモダンジャズがよく使われていて『危険な関係』のアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ とか『死刑台のエレベーター』のマイルス・デイビス等がありました....

JUICE NEWTON [DISC]

80年代、カントリーミュージックにハマっていた。
と言っても概ね女性シンガーに偏っているのだが… 女性ボーカルのジャケットは、ほぼ顔写真のアップで構成されていてボックスから選び易かったのが原因かもしれない… 秋葉原の石丸電機には輸入LPの品揃えが豊富でしかも安価だったので常連になっていた。
中でもJUICE NEWTONのアルバムが多いのはジャケットの所為では無く、カントリーソングらしからぬ新鮮なサウンドに惹かれたのだと思う。 http://youtu.be/ohniJ5tkEaE
写真a.JPG
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。