So-net無料ブログ作成

クリスマスシーズンに思う... [音楽のこと]

今年で76回目のクリスマスシーズンを迎える… 別にクリスチャンでも無いのだが、何故かこの時期になると気分がウキウキするのだ? 記憶を辿るとその訳が見えて来る…

幼少時は小樽で暮らしていたのだが、親も回りもクリスチャンと言う訳でも無いのに、カトリック教会の幼稚園に通わされていた。確かマリア幼稚園という名前だったと記憶する… 戦後間もない頃で家族は祖父母の家に同居、さらに妹が1~2才、兄2人、父親は船員で不在、と言う事での策だったのだろう。当時の北海道、冬ともなれば道路に出るには雪の階段を上り、大通りには馬ソリが行き交う時代、雪の道を長靴での通園だった。カトリック教会と言う事でソレナリの儀式等はあったのだろうが、あのシスター服以外の記憶はあまり無い… 
一番の思い出と言えば、クリスマスに園長(シスター服を纏った外人のオバさんと記憶する)から配られるお菓子の包みを家に持ち帰り家族で分け合って食べたチョコレートやキャラメルの甘さは今も忘れない… 戦後間もない日本には菓子等見掛けない時代だった。そんな記憶が刷り込まれているからか、この歳になってもクリスマスソングが鳴り始めるとウキウキするのだろう…
教会2.jpg

記憶を頼りにグーグルマップで検索すると、幼稚園の名は変っていたが、隣に当時のままの教会もあった。教会のホームページに写真があったので、無断借用です… 

スキャン.jpeg

で、この時期になると、このCDの登場が恒例となっている...https://youtu.be/ljXUXgbmFp8


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。